イメージ画像

プロフィール

はじめまして!

アフィリエイターとして活動しております

RENSUKEと申します。

 

読者様に私、RENSUKEのプロフィールを

書かせて頂きます。チョットでも興味を持って

頂ければ幸いです。では、RENSUKEプロフィールのスタートです。

 

RENSUKE生誕

 

そんなに人とはかけ離れた生活をしていた訳では

生まれも育ちも現在も横浜です。

 

横浜といっても凄く広く、チョット離れれば畑や
田んぼなどもあるのです。

 

がっ!

 

RENSUKEの場合は観光地でも有名なこんな所で生まれました。

 

と、いうことで国際色豊かな場所で幼少期から成人になるまで
育ったという事になります(ちなみに横浜以外はあまり出た事がありません)

 

 

もっぱら、物心ついた時には映画やゲームセンターなどに
出入りして遊び、勉強は歴史以外はほとんど関心がない少年でした。

 

その中でも、小説が好きで、司馬遼太郎を始め史実に基づいた
本を日課のように読んでいた一風変わった子供だったのかもしれません。

スーツを着て仕事をしたい

 

学校を卒業すると父が自営業をしていたのにもかかわらず
スーツを着て世界を飛び回る社会人に憧れ横浜のある会社に入社しました。

 

しかし、そこは世界を飛び回る所か、横浜を飛び回るので
精一杯の営業会社。年上ばかりの会社で子供に営業が
出来るのか?なんて、言われながらも必死にやっていました。

 

その中でも意地でも負けないという生まれ持った精神に
火が付いたのか、入社3ヶ月くらいから徐々に売り上げは
上がり、半年後には会社内でトップセールスマンになっていたのです。

 

RENSUKEチョー有頂天(V)o¥o(V)

 

なんて事がいつまでも続くわけはありません

 

ホントかよ

 

なんとその会社、まさかの倒産。

 

チーン。

なんて音は聞こえませんでしたが唖然としていました。

 

再起決断

 

しばらくショックから立ち直れずネットサーフィンの毎日。

しかし、これではいけないと求人誌を見て再度、営業会社で
勤務することになりました。やり慣れた仕事なのですんなり入り込めました。

同僚ともうまくなじめ、会社の社長にも良くしてもらい、これぞ順風満帆という
ような生活を送っていました。

いろいろな話を聞くとラッキーだったのかもしれません

 

しかし、何年か経った年末に一本の電話が・・・

ドラマみたいだな

 

電話の相手は会社の人間。

もうここまでくれば、相手の慌てぶりで想像がつきます

会社の社長がお金を持って逃げた

そういうと電話の相手は年末にどうしようと涙声になっていました。

ドラマみたいな事があるんだなぁ

なんて呑気な事を思っていたのを今でも憶えています。

三度目の正直

 

仕事をしないと世間体にも経済的にも不味くなる一方なので
求人誌をみて自分の経験が生かせそうな営業職に就きました。

しかし、今回は女神は微笑んではくれませんでた。
なぜなら、朝は8時出勤で夜は12時までという拘束時間

しかも、終電がなくなるという時間まで働く事もしばしば
休みも月に一度あるか、無いかのという感じです

正直、死ぬはコレ。

って思った事とホントにこれでいいのかという自問自答の末
その職場は離れ、一端、自分自身を見つめ直そうと思ったのです

 

アフィリエイト

 

 

そんな中、暫くは休養といえば聞こえはいいのですが
好きな事をする時間を設けました。

そこで興味のあったパソコンを忙しい時には、それ程
いじれなかったので、アメブロからシーサー、FC2といった感じで
アフィリエイトを始めるようになりました。それが面白くて楽しくてって感じで

 

そして・・・

 

そんな感じで過ごしていると知人から声が掛かりました。

何でも知人はヤフオクで市場で仕入れしたものをオークションで
販売する会社をしているという事でした。(会社という組織でやっています)

そこで出品やイラストと商品のレビューを書いてくれないか
と言われ、タグやイラストの事を勉強させてくれるならという条件で働いています

行ってビックリしたのは、ホントに組織的な会社でプログラマーさんや
イラストレーターさんなどがいて、休憩中にいろいろを教えてくれたりしす

正直、ありがたい環境で仕事をさせて頂いているという今日です。

 

やはり、RENSUKEがそういう職場で感じる事はプロの方は黙々と
作業をされているという事なんです。やはり作業を始めると納得するまでやめない

まさに職人さんですね

そういう環境なのでしばらくは二足のわらじで頑張ります。

最後まで読んでくださり、ホントに感謝です。
RENSUKE

2011年12月7日

このページの先頭へ