Google(グーグル)画像検索を使った感想はどうですか?

リサーチ

記事ネタ探しも大変ですよね
あなたは何処から記事ネタを探していますか?

書籍やネット検索などが多いでしょうが
今日はチョット角度を変えた話です。

 

 

 

 

仕事柄、毎日の仕事内容の半分以上を
検索に費やしているRENSUKEですが
これがなかなかヒットしない事が多いんです。

 

 

>お前の検索の仕方が悪いんだろ

 

 

なんて言葉も聞こえてきそうですが
検索ってそんなに甘いものではないんです。

 

「激安 人気 スイーツ」

 

なんて複合キーワードで検索すれば
自分の欲しい情報が手に入るかもしれません

 

 

でもRENSUKEがやっている検索は
こんな感じの検索なんですね

 

ある商品があります。

 

メーカーを調べます。

 

型式や名称を調べます。これがない(涙

 

メーカーに問い合わせをしても
生産終了品でかなり古い型式で資料がない。

 

でも商品の仕様を調べなければならない。

 

あなたならどうしますか?

 

古い型式の物や流通が少ないものは
まずはオークファンで調べてみます。

 

しかしデータがない。
こんな事は日常茶飯事なんです。

 

そこで苦肉の策。
コイツを使う訳なんですが。

 

グーグル画像検索

 

 

Google画像検索です。

使ったことありますか?

 

 

品物の写真をドラッグ&ドロップするか
画像のアップロードして類似商品を
探し出してくれるグーグルのサービスです。

 

しかし、グーグルにしては恐ろしく
精度が悪いサービスと言えるのがこれです。

 

試しに何かの画像をドラッグ&ドロップして
画像検索をしてみてください

 

ね。

 

なにこれって物が出てきませんか?

 

もしもピッタリ類似品が出てきたり
その商品が出てきた方はラッキーです(笑

 

それくらいの確率なんです。

 

早くこのサービスの精度が上がれば
楽になるんですけどグーグルさん。

 

で、最終的にどうするかというと
メーカーが解っていれば写真を
ドラッグ&ドロップなくメール添付して送ります。

 

でもパソコンに依存していると
何とかなっちゃうんじゃないかと思い
画像検索を使うんですよね

 

人間、楽をしたい生き物なのか、
それともRENSUKEだけなのかは解りませんが。

 

ホントに役立つ情報や欲しい情報は
簡単には手に入らないという事ですね。

 

記事ネタにしても二番煎じが当たり前の
世界ですが、そこで違うものが一つだけあるんです

 

あなたの言葉で伝えているかどうかが
人を引き付けられるかの分かれ道なんですね。

 

ドラッグ&ドロップのような記事では
誰も見向きもしてくれませんから。

 

 

ドラッグ&ドロップは動画検索だけに
しておいた方がいいかもしれませんね(爆

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

RENSUKEのアフィリエイトメルマガお申し込みフォーム
メールアドレス:
お名前:
 

あわせてに読みたい関連記事

タグ

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ"

このページの先頭へ