アフィリエイトでのライティングを悩んでいる方への解決論

ライティングライティングについていろいろと御相談をされるのでが。
どの商材がいいか、どういう書き方がいいのか?

難しい問題ですよね。

 

 

 

 

深夜の更新になりました。
こんばんは、RENSUKEです。

 

ライティングって難しいですよね。

 

そんな中、私が気を付けている二つの事柄を
記事にしたいと思うのですが客観的に御読みください。

 

一つ目は簡単に解りやすくという部分です。

 

当たり前の事でもあるのですが
これがなかなか出来ないというのが
正直な部分ではないでしょうか。

 

誰が読んでも解りやすい記事というのは
そう簡単に書く事が出来ないものでもあります。

 

ネットビジネス用語は多々ありますが
自分では解っていても相手は知らない。

 

こんな事がたくさんありますからね。

 

いちいち、その言葉を調べならがら
読んでくれるような方はそうそういません。

 

むしろストレスを与えてしまいかねませんから。

 

より簡素で、どうしても難しい一言を
散りばめなければいけない時には補足を
しっかり入れ込むという事は必要だと思います。

 

 

それから二つ目ですが自分の言葉で
記事を書くという事に気を使っています。

 

 

他のアフィリエイターさんやブロガーさんの
記事をみて猿まねの様に書いても、あなたの
言葉では無くつまらない記事になってしまいます。

 

 

同じ内容のモノでも、あなたの事と
他の方の感情が同じという事はありません。

 

 

あなたがどう思っているいるのかという事を
しっかりと解りやすく書くという事が大切です。

 

 

あえて補足をするとすれば
流れというものも非常に大事な部分です。

 

 

次の一文を読んで貰う為の一文

 

 

よく言われる事ですが、文章の流れというのは
こういう流れに沿って記事を書くという事でもあります。

 

 

長ければいいというものではなく、
短ければいいということでもない文章。

 

 

要は相手に伝わる文章が一番いいとい事です。

 

 

1000文字の記事を書いても
難しく相手に違和感を抱かせるより
推敲して100文字にした方がいい場合もあります。

 

 

それを決めるのは結果的に自分自身でしかなく
数稽古の中で習得していくしかない訳なんですね。

 

 

レビューページ(商材の紹介ページ)を
別に書く時も解りやすくなければ閉じられてしまいます。

 

 

そう考えると自分の感性を磨くしか
方法はないといっても過言ではないでしょう。

 

 

そんな悩みをお持ちの方に役立つ
サイトを見つけたので御紹介します。

 

あなたのライティングスキルを今すぐ改善する7つ

 

 

この中に書かれている事はとても
大事な部分に当たると思います。

 

 

読んで貰える記事を書く為の方法や
人間の心理的要素を考えた内容になっています。

 

 

いずれにしても、あなたのブログであり
サイトである訳ですから自分の言葉が重要です。

 

 

テンプレートに当て込んだ文章より
あなた自身の言葉は万人に受けなくても
少なからずファンになってくれる方はいるはずです。

 

地道な作業かもしれませんが
それが自分のものになった時、
新しい道がひらけるかもしれませんよ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

RENSUKEのアフィリエイトメルマガお申し込みフォーム
メールアドレス:
お名前:
 

あわせてに読みたい関連記事

タグ

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. 吉田屋 より:

    こんばんは、吉田屋です。

    「あなたのライティングスキルを今すぐ改善する7つ」
    さっそく、読ませていただきました。

    う~ん。
    超具体的でありながら、
    ライティングの核心を突いていますね。

    凄く勉強になりました。

    ただ、途中に出てくる3つのテーマについては、
    自分のブログではちょっと書きづらいですね。(笑

    特に2番目のテーマは・・・

    いい情報をありがとうございました。

  2. RENSUKE より:

    吉田屋さん

    どうも有り難うございます。
    確かに私のブログでも書きづらいですね(汗

    ライティングの難しさを解消するには
    数稽古+勉強なのでしょうね。

    速攻でのコメントに感謝です。

    また伺わせて頂きます。

    失礼しますm(__)m


コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ"

このページの先頭へ