コピーライティングでもっとも重要な事

ライティング・シナリオ小説とシナリオを同じように
考えているのならそれは間違いです。

一見、同じように考えがちですが。

大事なライティングに関わる事です。

 

 

 

 

これまでかなりのライティング記事を
書かせて頂いているRENSUKEですが最近思うのがココです。

 

ライティングは小説家のような文章や
才能はなくてもいいという概念についてです。

 

確かにRENSUKEもそう思います。

 

が、タダでさえ読まれない記事に工夫をする。
これは当たり前であって学ぶべき事ですよね。

 

ここで冒頭に書いた小説家のようになる事は
必要ないけどシナリオは大事なことなんです。

 

という事なんです。

 

ではシナリオとは何ぞやという話になる訳ですが
簡単に書くと文章の設計図の様なものです。

 

もっと簡単にいうと漫才で掴みがあって
ボケがあってツッコみがって、もういいわ!

 

それがシナリオという訳なんです。

 

コピーライティングにはこのシナリオ的
要素を多分に取り入れる事で読み手の心理が変わります。

 

 

勿論、メルマガにも有効でしょう。

 

RENSUKEがいう文章の流れというのは
このシナリオをどう構成するかにも関連してきます。

 

この構成さえしっかり出来ていれば、有益な情報から
誰でも知っている内容でも読者さんがスムーズに読んでくれます。

 

 

ここで考えて頂きたいのがどうすれば
読んで貰えるのかという事を真剣に考えているかどうかです。

 

 

成果の出る人はブログにしてもメルマガにしても
この軸を揺るぎ無く持っている事は間違いありません。

 

 

簡単そうに見えるでしょうがココが
ライティングにキモの部分でもあるでしょう。

 

なんて真面目すぎる位な今日の記事ですが
これも一つのシナリオを考えて書いています。

 

いつも真剣に書いていますが今日はいつもより
力の入った記事になっているのはなぜだと思いますか?

 

シナリオの話を記事にしたのが初めてだからです。

 

 

読者さんに御質問を受けたことがあります。

 

どうすればRENSUKEさんが
言われるような流れるような記事が書けるんですか。

 

 

という問いにシナリオという言葉は
使っていなかったからなんですよ。

 

 

小説とシナリオの差を上手く伝える事が
難しく御相手も理解不能になってしまうんで。

 

ですので近々にブログ読者さんのみに
配布出来るようにレポートにまとめます。

 

今しばらくお待ちいただければ
あなたのライティングも変化するかもしれませんよ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

RENSUKEのアフィリエイトメルマガお申し込みフォーム
メールアドレス:
お名前:
 

あわせてに読みたい関連記事

タグ

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ"

このページの先頭へ