ネットビジネス大百科がさっき売れたので即記事にしてみました。

タイムリーネットビジネス大百科は古いから売れねぇよ。

みんな新しい商材を買うに決まってるんだ。

なんて思っている方がいたら・・・

 

 

 

タイムリーな形になったので即記事に
してみようかと思い記事を書いてます。

 

コレ何?

2012-05-10_234433

 

 

そうです。まだ一時間も経っていない購入履歴です。

 

 

 

ありがとうございます。

RENSUKEよりネットビジネス大百科を
ご購入いただきましてこれから精一杯サポートさせて頂きます。

 

 

 

購入頂いてからの何十分かで記事を
書くことが出来れば即効性と信憑性がありませんか?

 

 

 

これは日々、ライティングの勉強をしているから
出来るのもだと自分でそう思っている次第です。

 

 

完全なライティングなどありません。

 

 

しかし、書くということの慣れというものを
日頃から身に付けていることにより記事は生きてきます。

 

 

それは何度も何度も繰り返し聴くなり
読むなりすることと、常に意識して書くこと。

 

 

この意識というのはどうすれば買って頂けるかという
アフィリエイターにとって非常に大事な要素になります。

 

 

ネットビジネス大百科のレビューはここ数日していません。

 

 

レビューページも少しもいじっていません。

 

 

特典追加もしていません。

 

 

ここが大きな問題です。

 

 

ライティング教材の中でも高額になる商材が売れる訳。

 

それはライティングというものがあるから
購入して頂けるわけなんですね。

 

 

RENSUKEは「要は」という言葉をよく使います。

 

 

これは【物事がそうなった主要な原因】ということです。

 

 

読者さんにどうすれば購入して頂けるかのを
考えていく上での道筋でもあるわけです。

 

 

RENSUKEがライティング教材を2つ並べて
いるということも意味の有ることなんですね。

 

それに加えサポートです。

 

 

ネットビジネスでの噂は早いものです。

 

 

日頃からのサポートが噂を呼び、
購入に至るケースも往々にしてあることです。

 

 

いずれにしてもリアルなものをお見せすることにより
新しい商材だけが売れるわけではないという事。

 

 

 

売れやすいというだけで売れるとは限らない。

 

 

この部分をしっかり考えていくのも大事な部分です。

 

 

売れる記事を書いていけば過去の記事から
売れる事もあるということを考えれば日ごろの記事もおざなりにはできませんよね。

 

 

物事がどうなるかを考える習慣って大事ですよ。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

RENSUKEのアフィリエイトメルマガお申し込みフォーム
メールアドレス:
お名前:
 

あわせてに読みたい関連記事

タグ

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ"

このページの先頭へ