ブログは文字列と箇条書きで読まれやすくなりますよ。

文字列と箇条書きキリキリに記事を絞りあげる。

とても大事なものです。

長ければいいというものではないんです。

 

 

 

最初のうちは詳しく書こうと思い、一つ記事が長くなってしまいます。

 

 

なんて言っているRENSUKEも最近は一つの記事が
長くなっている気がして推敲作業でかなり手間取っています。

 

 

例えば、有益な情報や商材レビューに関しては特にそうなりがちです。

 

 

いけない習慣というのは忘れた頃にやってくるということです。

 

 

なぜ、この様なことが事が起きてしまうのかを
自己分析してみるとハッキリいって手抜き作業に近いんです。

 

 

今までは推敲作業にかなりの時間を費やしてきましたが
そこそこ文章が書けるようになると推敲も簡単に済ませる事になりがちです。

 

 

自己分析という事を書きましたが
RENSUKEが最近していない事が判明しました。

 

 

それは箇条書きです。

それともう一つは文字列の数です。

 

 

そこで修正を図らなければいけないと思い、
いろいろなブログを拝見させて頂いて
読みやすいと思った方の文字配列を確認させて頂きました。

 

 

それに使ったのが先日、御紹介したTeraPadです。

その記事はこちら

 

 

ここに読みと思った方の一文をコピペしてみたんです。
(コピペといっても文字数を計らせて頂いただけですよ)

 

 

そうすると一行に対しての文字数がRENSUKEの倍だったんです。

 

 

ちなみにご確認して頂ければ解かりますが前回以前の記事と
RENSUKEの文字列の構成がまったく変わっているのが分かると思います。

 

 

こういう細かな部分と言われるかもしれない所に
大きなさがうまれてくるものなんですね。

 

 

読んでくれないないのではなく、
読んで頂くための方法とはなんなのかを探りだす。

 

 

これも大事なことだと思います。

 

 

1.読者さんが読みやすいような文字列にする

2.くどくど書く位なら箇条書きにして簡潔に伝える

 

 

これだけでも読んで頂ける可能性は高まりますよ。

 

 

PS.

お陰様で当ブログからレポートも出していないのにも
関わらずメルマガ読者様がかなりご登録して頂いております。

 

ホントに感謝しております。

 

今後も充実したものにしていく
所存ですので宜しくお願い致します。

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

RENSUKEのアフィリエイトメルマガお申し込みフォーム
メールアドレス:
お名前:
 

あわせてに読みたい関連記事

タグ

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. RENSUKEさん

    こんばんは、KEN-Tです。
    いつもお世話になります。

    記事を読みやすくするために改行は必要だと思いますが、
    あまりに文字数が少ない状態で改行しちゃうと
    逆に読みにくいですよね。

    私も適度な長さを意識しながら記事書こうっと。

    では応援していきます。

    KEN-T

  2. 健です!! より:

    RENSUKEさん

    健です!!

    お邪魔しております。

    >1.読者さんが読みやすいような文字列にする
    2.くどくど書く位なら箇条書きにして簡潔に伝える

    あまりごちゃごちゃ書くと
    見づらいですし
    何を言いたいのか
    主張が見えて来ない場合があります。

    ちなみに
    当方の場合、大分あとになって
    読み返したら、「何を言いたいかわからない。」
    と思うことがしばしば(激汗)。

    日々精進です!!

    以上

    応援ぽちり

  3. RENSUKE より:

    KEN-Tさん

    コメント有難う御座います。

    >私も適度な長さを意識しながら記事書こうっと。

    KEN-Tさんのブログも
    参考にさせて頂いているんですよ^^

    やはり読みやすさは
    読者さんに対しての礼儀ですもんね。

    また伺わせて頂きます

  4. RENSUKE より:

    健さん

    コメント有難うございます。

    私も読み返したら
    なんだコレっていう事がよくあります。

    推敲、推敲の繰り返しです^^;

    また、伺わせて頂きます


コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ"

このページの先頭へ