ライティングは流れるように

読んで貰うブログを書くには

流れるような記事でなければ

読まれません。
 

 

 

 

あなたは自分のブログを解析してますか?

 

例えばUU(ユニークユーザー)さんが50人
カウントされていたとして、何人の方が全ての
文字を読んでくれてると思いますか。

 

答えは限りなくゼロに近いんですね。

 

100歩譲って読んでくださっているのは
アフィリ仲間の方々ではないでしょうか^^;

 

そんなの信じられないという方は直帰率という
ものを見てみれば分かると思いますが、今日は割愛します。

では、どうすれば読まれるのか?

これはかなり難しい事だと思います。

 

自分が他のブログを見に行った時を
思い出してください。

 

一字一句読んでいますか?

読んでいないはずです。なるべく要点だけを
取り入れて早く違う情報を欲しがるからです。

 

でも、あなたがいけないわけではないですよ。
大概そうですからね。

 

しかし、自分のブログは読んで貰いたいですよね。
勝手な話に聞こえるかもしれませんが当然です。

 

ではここで読んで貰う確率を上げる要点を書きますね。

 

同じ意味合いの記事タイトルを何個か考えていますか?

誤字脱字が無いかチェックしていますか?

 一人よがりの内容になっていませんか?

記事が完成した後、最低2回はチェックをしていますか?

 

 この4点の中で最後の部分!

記事が完成した後、最低2回はチェックをしていますか?

 

これを行わないと絶対いい記事にはなりません。

文章は出来上がった後の方が大事なのです。

 

自分で読み直して流れるように読めますか?

 

もし、読みとどまる部分があるなら修正を
しないといけません。

 

自分で意味を理解でいない記事を他人が理解
できる訳がありませんからね。

 

流れるように読むことが出来れば読者さんに
読んでもらえるチャンスは膨らみます。

 

ライティングは流れるように書く。

 

それには人一倍、自分の記事を愛してあげる
必要がありますね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

RENSUKEのアフィリエイトメルマガお申し込みフォーム
メールアドレス:
お名前:
 

あわせてに読みたい関連記事

    None Found

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ"

このページの先頭へ