大きな野望は紙切れ一枚から?

芸人さんでもないのに
ネタ帳なんて持っていないですよね。

でも、ネタ帳って大事なんですよ。

その理由は・・・

 

 

 

ネタ帳と言えばアフィリエイターなら
記事ネタを書いておくとか、新たな
情報を書き記しておくこともそうですよね。

 

 

でもチョット前に企業の社長さん達が
使っている手帳を売りに出した事を
覚えてるかたはいらっしゃいますか?

 

 

夢を叶えるなら・・・

 

 

なんてタイトルで。

 

 

そこに大きな目標を
書いておく事によってそれが叶う。

 

 

なんて宣伝文句でかなり
売れたものなんですね。

 

 

でもね、一見悪徳キャッチこぴーと
思う方もいるでしょうがそうでもないんです。

 

 

考えている事を書くことに於いて
具体化させることって大事なんです

 

 

頭の中で憶えているからというAさんと
書いてそれに向かうBさんとでは大きな
差が生まれてくるんですね。

 

 

ではなぜでしょう。

 

 

そこには大きな理由が隠されているいるんです。

 

 

単純にいと書かなくてもいいくらいの
目標ならそれは御座なりになり叶う事は難しいでしょう。

 

 

しかし、叶えたいと思う気持ちが強いほど
ノートや手帳に書いて実現化させようとする。

 

 

また、マインド系?って思っている方は
理由をザックリいいますね。

 

 

ブログを書くこともアフィリエイトを
する事もマインドありきだという事を。

 

RENSUKEが自信を持って言いますね
アフィリエイトで失敗する3つの思考。

 

 

1.とりあえず続けていればそのうち売れる。

2.売れてる商品を紹介すればそのうち売れる。

3.とりあえず無料ブログでタダだからやってみる

 

 

この思考ではホントのラッキーでなければ
売れる事はまずないでしょう。いや売れないんです。

 

 

売っている人はあなたより、もっと大きな
目標や作業工程を明確にしていますよ。

 

 

なぜなら真剣にアフィリエイトを
して稼ごうと思っているからなんですね。

 

 

>俺だってそうだよ

 

って言葉が返ってくるは解っています。

 

 

でもその気持ちのレベルが違えば
結果も違ってくるとは思いませんか。

 

 

アフィリエイトにはポテンシャルは
そうそう必要はないと思います。

 

 

やっているうちに身に付いてくるものですから・・・

 

でもはっきり言いますけど稼がせるという
アフィリエイターと購入したあなたの中に
温度差があったら身に付くものも付きませんよね。

 

 

だから頭で考えている事をしっかり
ネタ帳にまとめて、後は猛烈に動く事。

 

 

これが必要なんですね。

 

 

そうする事により書いた目標は
一づつ打ち消し線で消えていくことでしょう。

 

 

もし、目標が定まらない。
何を書き出せばいいか解らない。

 

 

なんて方がいたらご相談くさい。

 

 

そうは言っても簡単な事では
ないのはRENSUKEも解っています。

 

 

大きな野望は一枚の書き記から
始まるかもしれせんからね。

 

 

ではこの記事に当てはまる方が
いましたら遠慮なく御相談ください。

 

 

button_001

 

 

PS.

 

 

今日も添削依頼を受けました。
この方は2度目の依頼です。

 

 

こういう方が稼げる思考を
持っているんでしょうね。

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

RENSUKEのアフィリエイトメルマガお申し込みフォーム
メールアドレス:
お名前:
 

あわせてに読みたい関連記事

タグ

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. より:

    RENSUKEさん^^
    こんばんは。

    紙に書く・・ってとても大切なことですね。
    蘭もメモによく書くのですが、それでも中々(^。^;)

    達成できないことが多いですが、書かないよりは
    書いたほうが気持ちが違いますね。

    今日からまた頑張って目標達成のために書きますね。

    応援です。

  2. RENSUKE より:

    蘭さん

    コメント有難うございます

    そうですよね
    なかなか実行するというのも
    大変なことだとRENSUKEも思います^^;

    でも目標を明確にすることは
    大事ですからね。

    それが上手くいけば最高ですしね^^

    また伺わせて頂きます


コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ"

このページの先頭へ