読者さんに読んでもらう為のストーリーテリングとは

記事を読んで頂く為にどうすればいいのか?

 

そう考えてる方はこれだけでも
頭に入れて於く必要がおりますよ。

 

 

よく言われる言葉があります。

 

この一文は次の一文への言葉。

 

なんて言われていますが
ではどういう言葉で引き付けるのか。

 

答えは接続詞をどう使うかによっても
相当な反応の違いが出てくるものです。

 

 

人はストーリーを好みます。

 

 

ライティングは小説と違うと言われますが
RENSUKE自身は必ずしもそうとは思いません。

 

 

なぜなら次を早く読みたいと
思わせる技は小説の中でたくさん出てきます。

 

なぜなら次を早く読みたいと
思わせる技は小説の中でたくさん出てきます。

 

 

その気持ちにさせるのが接続詞なんですね。

 

例えば、こんな話はどうでしょう。

 

ある幸せな家族がいつも通り
一家でショッピングに出かけました。

 

その後ろには黒いコートをきた
大柄な男が一家に向けて視線を浴びせています。

 

次の瞬間、男は一家に歩み寄り
驚くような行動に出たのです。

 

それは・・・

 

このような小説のくだりを
目にした人は多いと思います。

 

次はなんなんだよ。

 

って思わせる事が出来る言葉が
接続詞になるんですね。

 

これは小説の中だけで使われる事ではないんです。

 

むしろ、これをアフィリエイトで
使う事によって次の一文を読んでもらう技法の一つなんです。

 

これがストーリーテリングといわれものです。

 

そしてそれの中心的な言葉というのが
接続詞ということになるわけです。

 

以下のキャプチャを見てください。

 

接続詞

Wikipediaより引用

読みにくいのでこちらから⇒ここ

 

この7つの接続詞を使う所に
しっかり当てはめれば読者さんは
次の一文を読みたくなるとは思いませんか。

 

特に順接という部分はアフィリエイターには
欠かせないものでは無いでしょうか?

 

そして添加の部分です。この言葉を
入れる事で文章に厚みが出る訳です。

 

そして説明。
アフィリエイターいうならば、
以上の事をして結果が出ました。

 

こういう感じですね。

 

こんな感じで接続詞をしっかり
用いれば読者さんは次が読みたくなる

 

ストーリーテリングと体験談や逸話などを
整理して文章や言葉にするものです。

 

そこで間違いなく使われるのが
接続詞になるわけなんですね。

 

箇条書きをひたすら読んでくれる人は
なかなかいませんからね。

 

常に相手の気持ちになる事が大事です。

 

これだけでも反応は必ず上がりますよ^^

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

RENSUKEのアフィリエイトメルマガお申し込みフォーム
メールアドレス:
お名前:
 

あわせてに読みたい関連記事

タグ

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. 華音 より:

    RENSUKEさん

    こんばんは~華音です!

    ストーリーですか~。
    確かにそうなのかもしれないです~。

    読みたくなるように記事を構成していくってことですね!

    そういう工夫をこれまでやって来なかったかもしれないです。

    めっちゃいい勉強になりました!!

    ありがとうございます♪

    九州より愛をこめて応援♪

  2. RENSUKE より:

    華音さん

    コメント有難う御座います

    そうですね、ストーリーって
    大事だと思うんです。

    何にもなく商材をレビューしても
    ただの説明書ですからね。

    やはり大事な部分だと思います

    ではまた伺わせて頂きます。

  3. RENSUKEさん,こんにちは^^
    つくしです。

    ストーリのように、ってよく聞くんですけどどういう意味なのかちょっとわからずにいました^^;
    なるほど。こういう感じで書くのですね(^^♪
    私はまだ記事の力もないので、意識して取り入れていきたいと思います。

    教えて頂き感謝です。
    心をこめて応援させていただきました★

  4. こんにちは

    サト愛です。

    確かに人はストーリーを
    好みますよね。私も好きですから^^

    アフィリエイト記事にも
    ストーリー性を持たせると
    良い場合も多いと思います。

    応援!ぽち^^

  5. 吉田屋 より:

    こんにちは、吉田屋です。

    接続詞、キモですね。
    私も、凄く気を使うところです。

    興味を引くのと同時に、
    リズムを整えてくれますから、
    大事なパーツですよね。

    接続詞と語尾で、文章の個性が
    ほとんど決まっちゃうような気がします。

    そして、やっぱりストーリーですよね。

    う~ん。
    ライティングは奥が深いっす。

  6. RENSUKEさん

    こんばんは、KEN-Tです。
    いつもお世話になります。

    確かにストーリー性に富んだ文章は
    続きが読みたくなりますよね。

    接続詞にも種類があるので
    選んで使いたいものです。

    では応援していきます。

    KEN-T

  7. RENSUKEさん

    こんばんは。
    中里です。

    小説のようにグイグイ読ませる文章は、
    説得力もありますからね。

    記事の魅力が上がれば、それだけで固定読者さんが増えますから。。。
    やはりライティングは追求していかなきゃな~って感じています。

    おっしゃる通り、接続詞の活用は重要ですね!
    と同時に勉強になります^^

    参考になる記事、どうもありがとうございました。

    応援済みです!

  8. ジョニー より:

    RENSUKEさん

    こんばんは、ジョニーです。

    ストーリーを人はとても好みますよね。
    私も続きをどんどん読みたくなります。

    そこで重要なのが「接続詞」ですか。
    確かに私は「接続詞」をいつもどうやって
    効果的に使ったらいいか悩みます。

    大変勉強になりました。

    応援です☆彡

  9. RENSUKEさん

    こんばんわ、よしきちです(。・ω・)ノ
    いつもお世話になっております♪

    物語調で書かれた文章は、
    たしかに続きが気になり
    ついつい読んでしまいますね^^

    それをとてもわかりやすく
    解説していただいてありがとうございます。

    接続詞の使い方、自分はまだまだ甘いので
    もっと意識しなくてはです^^;

    また、ブログにお邪魔させていただきますね。

    心をこめて応援ポチっと♪

  10. TOSHI より:

    RENSUKEさん

    こんにちは。
    TOSHIです(^^)

    確かに、小説とかを
    読んでいると、すごく
    続きを読みたくなること、

    多いですよね☆

    そういったところも意識して見れると
    面白いなぁと思いました(^^♪

    また訪問させて頂きます\(^o^)/


コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ"

このページの先頭へ