例話法の秘密を公開しちゃいます

点と点で考える。

良く聞く言葉だと思います。

でもこれが肝なんです。
 

 

 

 

 

記事を書く時に例話法を使って
上手く書けないという質問を
受ける時があります。

 

RENSUKEの場合は例話法を使う時に
この点と点を結び合わせる事に
重点を合わせていきます。

 

では、どういうことか説明しますね。

 

文章は全て構成で整っているという事を
頭の中にいれてくださいね。

 

では、ここからが大事な部分です。

まず、RENSUKEの場合、結果から
考えていくんです。

 

例えば、『やっぱりアイスクリームですよね』と
いう締めくくりの記事にしようと考える訳です。

 

もし、アイスクリームを販売するなら
こういう文章になるはずです。

 

そして、次に考えるのは記事タイトルを考えます。

 

『暑い日にはこれで解決しています』何って具合に
考えていく訳です。

 

つまり、これが点と点になる訳です。

 

この部分を作り上げれば例話法は出来たも
同然なんです。

 

では、その間の部分。ここが例話法に
なるんですね。

 

暑い日に、あなたは意識が朦朧として
倒れそうになったことが無いですか?

 

まずは問いかける作業に入ります。

 

これは読み手を会話に集中させる
作業になる訳です。

 

そして、そんな時はどうしてますか?

また、問いかけるんですね。

 

要は読み手に想像してもらうという事が
例話法では大事な部分なんです。

 

いわば想像してもらわなければ、例話法は
何の意味もなさないという事になるからです。

 

そして、僕も何度かそういう経験をしてきました。

 

この人もそうだったんだ、そういう経験を
してきているんだと思ってもらうんです。

 

そこで初めて例話法の出番です。

 

暑い日差しの中で意識が朦朧としてきた時に
目の前にアイスクリームがあったとしたら
あなたは絶対に口にするはずです。

 

倒れると思えば、落ちているアイスクリームも
口にするかもしれませんよね。という具合に・・・

 

恥も外見も気にせずに口にすれば、水分も補給できて
体温も下がり熱中症からも避けられます。

 

人間、限界を感じたら、なりふりかまっていられません。

勿論、RENSUKEも落ちているアイスクリームを
口にする事は間違いありません。

 

暑い日にはアイスクリームが一番です。

 

っていう具合に、点と点を結び合わせる
方法が例話法に於いて一番やり易いんです。

RENSUKEはアイスクリーム屋さんでははいですが(汗

 

では、本業のアフィリエイトで考えたらどう
なのかという事になります。

 

同じように結果から考えます。

 

『記事タイトルはそれだけ大事ですよ』という
結果にしてみましょう。

 

そして記事タイトル。

 

『何でもいいわけないでしょう。いい加減に気付きませんか?』

 

こんなタイトルにしてみます。

 

このタイトルの中には、先ほどのように
何の事?俺は気付いている事なの?って
感じで、不安や不思議な要素が人それぞれ多く生まれてきます。

 

これが例話法のマジックなんです。

 

いくら素晴らしい例話法を使いこなしても
最初と最後が当てはまらないとそれは例話法
ではなくなるんです。

 

考え方の違いで勿体ない記事にしている人が
多くいます。

 

考え方は至ってシンプルでいいんです。

 

肝心なんのは記事の構成をどういう考え方で
していくかで価値が変わっていくんです。

 

綺麗な文章を書く勉強は必要ないですよ。

 

上手く構成出来る力こそライティングスキル
なんです。

 

これを忘れないでくださいね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

RENSUKEのアフィリエイトメルマガお申し込みフォーム
メールアドレス:
お名前:
 

あわせてに読みたい関連記事

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ"

このページの先頭へ