ブログという名の物語

ブログで商材レビューをする事は

当たり前の事ですよね。

そして読者さんに有益な情報や

知識を提供する事もそうですね。

 

 

 

 

 

でもホントのところはどうなんでしょうか・・・
そのホントの所ってね、読んで貰えてるか?
ってことなんですよ。

 

それが分かれば苦労はしないよって
言われそうですが、一番肝心なとこ
です。

 

じゃあ、確率を上げるという考え方に
にたったらどうでしょうか?

 

購読率を上げる為に・・・

ブログはただのレポートではいけないと思うんです。

 

無料レポートは勉強したい、何かを知りたいという
前提で読まれていると思うんです。

 

しかし、ブログ記事は最初の3行で閉じられれば
終わりな訳です。そこまでいけば良い方かもしれません。

 

要するに読者さんを引き込む作業をしなくては
いけないということになるんですね。

 

文章を使うもので一番、人を引き込むのは
小説かマンガではないでしょうか。

 

いずれにしても、共にストーリーがあるという
共通点があります。

 

つまり、人を引き込むには物語を作る必要が
あるわけですね。

 

小説家や漫画家のような作り込ではなく
紹介する商品に於いての物語が必要なんです。

 

それを緻密に計算していかなければ成約には
至らないと思います。

 

それがライティングというものですね。

 

物語の作り方。考えよ^^;

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

RENSUKEのアフィリエイトメルマガお申し込みフォーム
メールアドレス:
お名前:
 

あわせてに読みたい関連記事

    None Found

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ"

このページの先頭へ