布石を打つことが大事なんです。

見てください。

見てみませんか。

似てるようで似てない言葉んですね。
 

 

 

 

 

アフィリエイトは最終的に
クリックをしてもらわなければ
いけないものですよね。

レビューページや販売ページに

 

そこで先ほどの2つの言葉が
とても大事になってくるんです。

 

見てください=強圧的

見てみませんか=紳士的

 

そんな感じを誰しも受けると
思うのですが、ここが重要なんです。

 

RENSUKEが営業マンをしていた頃
この事が一番大事な部分だったんですよ。

 

よく言うクロージングの時に・・・

 

お客様から返事をもらう為に
どうすればいいのかという事に
なってくる一部なんですけど。

 

買ってください

買いませんか

 

この二つの言葉。

 

買いませんかと言った場合
8割は買ってくれません。

 

でも当たり前なんですけどね。

 

買ってくださいといった場合
これまた8割の人は買いません。

 

じゃあ、同じじゃないかと思われるで
しょうが、それを覆すマジックがあるんです。

 

買いませんかという言葉と
買ってくださいという言葉の
中間点だと人は物を購入してくれます。

 

要は最終的な答えを求めるまでの
間に、いかにして購買意識を高めて
於けるかが問題になるんです。

 

簡単にいうと買って貰うための
布石をどれだけ打っていけるかなんです。

 

もっと簡単にいうと買うという
流れにしっかり乗せなければ
最終的な答えは結構です。

 

こうなるんです。

 

つまり、クリックしてくれない。

 

ではどうするか?

 

紹介したい商材はなんなのかを決める
       ↓
それはなんの悩みを解消させてくれるのか
       ↓
購入すればそれが解消されるという事を伝える
       ↓
自分がそれを実体験した事を伝える
       ↓
それがあったから今の自分は効率上がったと伝える
       ↓
同じ悩みならこれで解消されると伝える       

 

ザッーと流して書きましたが、こういう流れで
なければ人間は購買意識が高まりません。

 

勿論、全員が全員、クリックはしてくれませんよ^^;

 

でも布石を打つっていく事が大事なのは事実です。

これが出来なければ物を売るのは難しいと思います。

 

つまり、本物の経験を伝えなければ
相手に気持ちが伝わらない。

 

購入してくれないということなんですね。

 

この流れの順番が違ってもいけません。
あくまで流れというものが、購買意識を
高めていく訳ですからね。

 

人は物を購入する時、興奮状態にあると
言われています。

 

それの状態になっていく流れを紐解いて
いるのがコピーライティングなんですね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

RENSUKEのアフィリエイトメルマガお申し込みフォーム
メールアドレス:
お名前:
 

あわせてに読みたい関連記事

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ"

このページの先頭へ