エピソードを入れる事・・・

読まれない記事が

劇的に読まれる可能性が

上がる方法があるんです。
その答えは・・・

 

 

 

 

エピソードを入れるんです。

 

これって案外、やってない人が
多いんですよね。

 

じゃあ、エピソードって何って
話になるんですけど、簡単に言うと
チョットした小話みたいなものです。

 

●●という商材はいいですよ。

 

SEO的にも素晴らしいですし、
初心者の方にも使いやすい。

 

これじゃ、つまらない。

 

でも、こんな感じだったら
どうなるでしょう。

 

●●という商材は良いですよ。

 

SEOって難しいと思っていたんですが、
商材通りに作業をしたら検索順位が
上がっていました。

 

小さい時に、あなたはプラモデルを
作ったことがありますか。

RENSUKEは、かなり作ったんですが
あれって説明書通りに作っていけば
完成しますよね。

 

こんな感じです。

 

しかも、接着剤がいらないハメ込み式の
プラモデルみたいに始めての人にも
簡単に出来てしまうんです。

 

そんな商材ですから、初心者の方にも
凄い使いやすいです。

 

そして順序よくやっていけば結果も
出てきます。

 

とてもいい商材ですよ。

 

って感じで、極端過ぎるかもしれないですが
こういう感じでエピソードを入れることによって
読者さんが読んでくれる確立が上がるんです。

 

RENSUKEのテストではエピソードを
入れた記事と入れない記事では
コメントやことづての数が相当違いました。

 

これって読んでくれているから
残してくれるともいえますよね。

 

そんな感じで、ただ商材や情報を
記事にするのではなく、小話を
入れることによって読み手が飽きない。

 

そんな記事の書き方が、俗に言う
読まないという事を回避する一つの
方法になるんです。

 

要は例え話に読者は関心を寄せて
くれるというわけです。

 

いくら素晴らしい情報でも読まれなければ
意味の無いものになってしまいます。

 

例え話の大切さ。

 

これもライティングには大事な事なんですよ。

構成や例え話には、人間、耳を
傾けてくれるものです。

 

そこが一つのテクニックになるんですね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

RENSUKEのアフィリエイトメルマガお申し込みフォーム
メールアドレス:
お名前:
 

あわせてに読みたい関連記事

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ"

このページの先頭へ