ネットビジネス大百科 木坂健宣の思考(仮説)

 

ある種、独特の表現者。

時として変人。

そして、天才。

 

 

 

 

 

 

 

「ある特定の人の“頭の中にのみ”存在するのがブランド」

木坂健宣の言葉の一つです。

 

これはブランド品に関しての彼の考え方です。

 

 

どうでしょうか?有名ブランド品も人それぞれの
価値観の中でしか判断が付かないとでも言いたいのでしょうか。

 

 

彼はネットビジネス大百科の中でこう言っています。

 

 

僕は文章を書くのが下手くそです。

 

そしてここが大事な部分です。

 

 

文章力とコピーライティングは全く
別物なんですよと言っています。

 

 

しかし、彼はコピーライターとしてのブランドを
自らの手で獲得したわけです。

 

 

解ってくれる人だけ解ってくれればいいと
いうように聞こえがちですが、そうではないんです。

 

 

彼はコピーライティングの教材を作る前から
何年先まで廃れないという自分自身の頭の中に
ある特定のブランドがあったからではないでしょうか。

 

 

日本の伝統文化にある「守・破・離」というよく
聞く言葉の中で「離」の段階の先にまで行っている
彼の思考は凡人には理解しがたいのかもしれません。

 

 

木坂健宣という人物はコピーライティング用語だけで
会話が出来るそうです。

 

 

どんな会話になるの。

 

 

しかし、極めた人間はそこまで出来るのでしょう。

 

 

でも、彼曰くコピーライティングに終わりはないとも
断言しています。

 

 

常に上を目指さないと人間はどうなると思いますか?

 

 

簡単な事なんですよ。

 

 

停滞は降下の道を辿るんです。

 

 

ボディービルダーがトレーニングを怠ると
どうなるでしょう。

 

 

今迄の筋肉が落ちて、とてもボディービルダーとして
自分を維持する事は難しいはずです。

 

 

これは肉体的な問題だけではなく、あなたにも
起きていることなんです。勿論、僕にも・・・

 

 

携帯電話の普及に伴い、電話番号を記憶するという
習慣が薄れています。

 

 

これもある種の衰退です。

 

 

通り一遍の知識や教養では今までの努力が
全て水の泡となってします訳です。

 

 

こういう事から木坂健宣という人物は
終わりはないという事を言葉にしたのでは
ないでしょうか?

 

 

拡大と膨張。

 

 

同じようで全く違うこの言葉。

 

 

膨張は何でも詰め込みやがて破裂する。

 

拡大は広がって大きくなる。

 

 

あなたがアフィリエイターとして稼ぐ為には
拡大でなくてはならないのです。

 

 

どの場面でも使うライティングを拡大させて
本業にまで発展させることも夢ではないんです。

 

 

彼は世界一のコピーライターになると
言っています。

 

 

表舞台に出てこないこない彼。

 

 

木坂健宣

 

 

これも一つのブランド作りという
ものを意識したものなのではないでしょうか?

 

 

そんな彼が表舞台で素晴らしいパフォーマンスを
しているのがネットビジネス大百科。

 

 

天才コピーライターの音声を聴ける
大事な教材であり、廃れる事のない
ものでもあります。

 

 

1回目は意味が解らない事でしょう。

 

 

しかし、2回、3回と聞くうちに
間違いなく、あなたは拡大していきます。

 

 

そして何十回と聴いていても飽きないという
利点がこれにはあるんです。

 

 

あなた自身の拡大は留まる事はないですよ。

 

 

木坂健宣が語るネットビジネス大百科!

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

RENSUKEのアフィリエイトメルマガお申し込みフォーム
メールアドレス:
お名前:
 

あわせてに読みたい関連記事

    None Found

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

人気ブログランキングへ"

このページの先頭へ